自分でできる社内の空調対策

自分でできる社内の空調対策

今や世界中で節電の時代ですね

PAGETITLE
★男性 20歳
今や世界中で節電の時代ですね。ドイツでは、原子力発電をやめてしまい、太陽光や風力発電に変えることにしましたが、まったく採算が合わず破たん。日本でも、夏の需要期を迎え、家庭用の電気も節電のはがきが送られてきていました。
銀行などはさらにすごく、エアコンはほとんど止まっている状態で、室温は30度。それでも扇風機は回せません。窓を開けることもできません。強い風が吹いてしまうと、紙幣や、書類などが飛んで行ってしまい大変なことになるからです。
わが社でも、空調は節電モードになっています。まず室温を上げないように蛍光灯はすべて、半分だけになっています。大抵の蛍光灯は2本ついていますが、1本は外してあります。自分でできる空調対策としては、USBの扇風機を使うことです。
会社の空調はあってないようなもの。ですが、この室温では熱中症で死んでしまいます。それから、スプレー式のアイスノンをシャツなどにたっぷり吹きつけます。温度は下がりませんが、気分的に涼しく感じるからです。

関連サイト情報



Copyright(c) 2018 自分でできる社内の空調対策 All Rights Reserved.